シャイニングマンデー

プレミアムフライデーを実施した結果
実際に取れた割合はわずか1割だそうで

なんだかんだ月末は忙しいから浸透しない
という結論だそうで

今度は月曜の午前休みを推奨する
「シャイニングマンデー」を検討しているとか

目の付け所は
そこじゃないねぇぇぇぇぇぇんw

まー確かに
月末は忙しい会社は多いかも

でもまだほどんど間もないのに
プレミアムフライデーはダメっという結論ですか?

細々でもいいから
もっと継続しようぜ

継続的にメディアも謳っていこうぜ

まーその前に
まず労働時間が「8時間」
というところから見直すが大切だと私は考えます

そうなるとプレミアムフライデーも
シャイニングマンデーも前向きになるのでは?

8時間労働は
「健康に働ける上限」だそうで
上限いっぱい働かせるって・・・ねぇ・・・

それに賢い経営者の皆様方はこぞって
集中できる時間は1日のうち3~4時間

その時間に成果を上げればいい

と仰ってます

なので6時間労働が良いのでは?

短い時間でいかに工夫できるか?
を考えるようにもなると思います

仕事量が多い
という反論もありますが

無駄な仕事
非効率な仕事は本当に省けないのか?

と本気で考えるようになる良い機会だとも思います

時給の人はどうすればいいのか?
という意見もありますが

時給という選択をしたのはその人自身なので自業自得かと

それが嫌なら
そうじゃない会社へ転職すればいいと思います

それが難しいなら
それが可能になるようにスキルアップを目指すとか

きちんと目標を決めて働く必要があると思います

もう受け身だけで生きていける時代ではないのですから

正直
時給換算で仕事をしていると
いつまでも時間的にも経済的にも
豊かになれないと思ってます

雇用身分社会の出現と労働時間 過労死を生む現代日本の病巣 [
雇用身分社会の出現と労働時間 過労死を生む現代日本の病巣 [ 2,916円(税込)【送料込】

楽天ブックス

過労死を生む現代日本の病巣 森岡孝二 桜井書店コヨウミブンシ

あたらしい労働時間・休日・休暇の本 働き方改革の進め方付き/
あたらしい労働時間・休日・休暇の本 働き方改革の進め方付き/ 1,728円(税込)【送料込】

bookfan 2号店 楽天市場店

著者富田朗(著)出版社労働新聞社発行年月2019年02月IS

あたらしい労働時間・休日・休暇の本 [ 富田 朗 ]
あたらしい労働時間・休日・休暇の本 [ 富田 朗 ] 1,728円(税込)【送料込】

楽天ブックス

富田 朗 労働新聞社アタラシイロウドウジカンキュウジツキュウ

楽天ウェブサービスセンター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください