AIと農業

これからはAIの時代が来ると
いろんなところで言われていますが

やはりIT業界から導入が早いのかと思いきや
一番縁遠いと思っていた農業にAIの導入も検討されているそうです

農業の担い手が少なくなっている昨今
AIを活用することで非常に効率が上がり

また農業にあまり良いイメージを持ってない方にも
AIを活用して「農業って簡単だよ」と認識してもらうことで
人材不足解消にも繋がる可能性もあるとか

そして何より導入コストはあるものの
今まで必要だった労力と経費もかなり削減し

また出荷までのスピードが上がることで
生産者と消費者共に恩恵が受けられるようです

まさに良いことづくめ!!

こういう良い話題に対しても批判する人はいるものですが
「AIが動かなくなったらどうするんだ」とか
「使いこなせない」「難しい」などもあるでしょう

でも利用していかないと農業が抱える問題は解決できませんし
AIを活用するために知識を身につけることと
AIを活用せずに現状の問題を解決すること

どちらが簡単かというときっと前者だと思うのです

本当に日本は働きすぎで
働き方も古いままで

これらを変えて
男女共にゆとりを持って子育てができるというイメージが持てないと
少子化も改善しないでしょうね

少子化が改善しないと日本の力も弱まり
先進国の中でも立場は弱くなっていく一方です

強い弱いではないとは思いますが
国は豊かであることに越したことはありませんから

AIの活用はどんどん広がってほしいです

そして国や政府もどんどん未来を見据えて
推進支援をぜひともお願いします

AI vs.教科書が読めない子どもたち [ 新井 紀子 ]
AI vs.教科書が読めない子どもたち [ 新井 紀子 ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天ブックス

新井 紀子 東洋経済新報社エーアイタイキョウカショガヨメナイ

オリジナルの画像認識AIを簡単に作ろう!【電子書籍】[ 安田
オリジナルの画像認識AIを簡単に作ろう!【電子書籍】[ 安田 1,980円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は

現場で使える!Watson開発入門 Watson API、W
現場で使える!Watson開発入門 Watson API、W 3,080円(税込)【送料込】

楽天ブックス

AI & TECHNOLOGY 伊澤 諒太 井上 研一 翔泳

楽天ウェブサービスセンター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください