電子タバコと紙タバコの違いはほとんど無い

以前までは電子タバコを吸っている人に対して
紙タバコを吸っている人よりも
好印象を持っていました

それは
・ニコチン量
・煙の量
・臭いの量

が少ないので
迷惑をかけられることが少なかったからですw

自分に対しても相手に対しても
配慮が少し伺えるかも
という印象もあったからです

ですが近年はすっかり電子タバコもすっかりお馴染みになりましたが
その危険性は紙タバコとなんら変わりない
ということがわかってきました

発火方法が違うだけで
基本的に体に与える影響と
受動喫煙によるリスクは何も変わりません

それがわかった瞬間
電子タバコ利用者に対しても急に嫌悪感がww

ニコチン量が少ないというのはあくまでも体感の話で
紙タバコにはニコチン量を明記する義務がありますが
電子タバコはまだ義務化されてないそうです

あくまでも経験者が少ないと感じる
程度のもだそうです

仮に本当にニコチン量が少なくても
それで結局本数が増えているなら意味がありませんw

煙の量は少ないのですが
それを理由に

紙タバコはダメでも
電子タバコならOKという飲食店が増えてます

それは受動喫煙者
特に子供にとってはかなりのハイリスクです

ただ煙が少ないだけ

臭いに関しては
紙タバコよりも確かに少なくなったとは思います

でも臭いだけですね本当w

他は何も変わりません

結局本当にマナーの良い愛煙家というのは
非喫煙者の前で喫煙しないんですよね

人前で平気で喫煙する人は結局
自分だけ可愛い人なんだなと
どうしてもそう思ってしまいます

そういうのは結局
本人がやめないと気付かないものですね

これからは積極的に
喫煙者とは距離を取っていこうと思います(・∀・)b

受動喫煙とこれからの日本
受動喫煙とこれからの日本

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください