三浦瑠璃さんと武田鉄矢さん

ワイドナショーは結構好きでよく見ているのですが

今回は全日本実業団対抗女子駅伝の予選にて
よつん這いになって骨折しながらも
タスキをつなげた選手の問題について

三浦瑠麗さんと武田鉄矢さんが
お互い違う視点から議論していました

武田鉄矢さんは非合理だけど感動した派

三浦瑠麗さんは合理的で棄権のルールに問題ある派
(三浦瑠麗さんは駅伝の経験もあり
選手の気持ちはよくわかるとのこと)

武田鉄矢さんは金八先生をやっていたこともあり
古い日本の考え方世代ではあり
よつん這いになってまで繋ごうした選手に感動したのでしょう

一方、三浦瑠麗さんはご自身でも
合理的思考と言っており

日本の非合理を称賛する傾向はどうかと思うと疑問を呈しておりました

私はまさに時代だなと感じましたね

確かに昔の日本は精神論が強すぎた節がありましたが
昨今はグローバル化の影響もあり
どんどん合理的になっていると思います

確かにそのときの選手の思いを考えると
責任を感じ是が非でも繋げたと思うでしょう

ですがその結果
骨折して数ヶ月治療しなけれならないことを考えると
やはり合理的な視点も必要です

私も合理的な考え方はこれからもっと必要になってくると感じているので
三浦瑠麗さん側の意見寄りですね

日本はもう少し合理的な考えが必要でだと思います
そしてそれを邪魔しているのは団塊の世代だなとも

まさに古い時代の考え方と次世代の考え方かと

日本の政治が的外れであると感じるときは
大抵古い考えが邪魔をしているなと思っています

それにしても三浦瑠麗さん
松本人志さんもおっしゃてましたがズルいですよね

穏やかなトーンで議論されると
こちらも冷静に判断しないとダメだと思わされます

色気がある知的な女性はズルいですw

もちろんその情報源は本当に大丈夫か?
なんて意見もあったりするのですが

少なくとも私よりは知識豊富なので
何も言えませんので今のところは
そういう意見もあるのかと頷くばかりですw

あなたに伝えたい政治の話 (文春新書)
あなたに伝えたい政治の話 (文春新書)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください