カルロス・ゴーンとエリートと犯罪

日産の会長カルロス・ゴーン氏が逮捕されたニュースで
とても話題になっております

高額な役員報酬を少なく申告していたとのこと

そこまでお金がある人が
そんなせこい真似するのか?
と少し疑問は感じつつも

エリートも貧乏な人と同様
犯罪に手を染めやすいという事例がまた一つ出ましたね

以前に書いた記事なのですが
≫ 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

このときは特に内容に触れなかったのですが
エリートと犯罪の関係性を見事に記しています

だからこそエリートほど
いろんな意味での美意識が大切だ
という本ですね

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

今回は日産ということでしたが
表に出ていないだけで
同じような問題を抱えている日本の企業は
少なくないという見解もあります

それは私も思いますし
上記の本でも同じ見解があります

日本の経営者やエリートほど
この本を読んでほしいと切に願います

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください