「GIVE & TAKE」を読んだ感想

「与える」人が豊かになっていくということを検証した本で、とても素晴らしくおすすめできる本のひとつです。

この本を読んでから「与える人」になりたいと思うようになり、その「与える」姿勢は自分の基準にしようと思うようになりました。

基準になると受け取るばかりの人に嫌悪感を抱くようになりました(笑)

何よりも素晴らしなと感じたのは、受け取るばかりの人よりも与える人のほうが精神的にはるかに満たされるそうです。

それは「受け取るばかりの人は心が貧しい」という解釈も行き過ぎではないと思わされます。

与えることができる人って、周りの人を喜ばせることができる人なので、尊敬できとても素敵だと思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ただ少し癖のある文章なので、読みにくい点と残念ポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください