他人が企画した旅行に参加して後悔した話

私は旅行するならある程度計画を立てるタイプでして
旅行は計画・準備するところから楽しいと思っています

なので旅行に行く際には

何をやりたいか?
どれくらの時間で?
いくらぐらいかかるのか?

そういうことをしっかり把握して
きちんと楽しみたいと思っています

こういったのもブログネタにもなるので

一方、他人が企画した旅行って
そういった情報をほとんど提供してくれません

誰も興味ないと思っているのでしょうか?

いつも誰かの企画に乗っかる人達は
確かに興味ない傾向にあります

でもそういう人達ってほとんどが思考停止だなという印象を受けます

面倒だから乗っかって
あとで料金を請求されるわけですが

その企画がどれくらい楽しいもので
時間と費用を投資するに値する旅行なのか?
という思考回路はきっと欠如しているのだろうなって

それで後悔はしたことないのでしょうか?

私はありますw

最近また詳細のほとんどわからない旅行に誘われ
ほぼ助けてほしいという理由で仕方なく参加したのですが

やっぱり行ったことを後悔しましたw

・旅費の目安は教えてもらったものの大きくオーバー
・時系列の予定もほぼわからずその場で臨機応変に対応
・事前に説明を求めても十分な説明をしてくれない、もしくはわからない

など常にイライラw

旅行を終えてから全体の流れが把握できたのですが
これはもっと説明が必要やろがい!!
と思わずにいられませんでした

今回はっきりしたのは
他人の企画した旅行に参加するなら

参加したくなるようなプレゼンを要求することにし
ワクワクしなければ参加しないほうがいい

ということですw

若ければ
「○○がしたい」という勢いだけでも乗り切れるでしょうが

30を越えたらもっと落ち着いた旅行がしたいと思うようになりました

私の場合
旅行に行くときにはもう楽しみの半分は終わっています
計画・準備で半分楽しいからです

その楽しさを取っ払ってまで
他人の企画した旅行に参加する価値は低いですし

参加するにしても
詳細を共有してくれるような人でないと
参加したくありません

情報共有するから一緒に企画・計画しようよ
ときちんと話を聞いてくれる人が信用できます

「友達は選べ」
という名言がありますが
本当にその通りで

それはイベント事にも当てはまるということが
とても勉強になりました

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください