コミュニケーションとSNS問題

現在SNS隆盛の時代ですが
それとともに弊害もあるそうです

SNSではよく喋るけど
リアルだとコミュ障という平成生まれ
が最近多いいのだとか

デジタルデバイスって怖いですよね

私も高校生のときにメールが流行っており
恋人とあまり話をせずに
メールばかりしてましたが

やはりいざ会うと何を話せばよいのかわかりませんでした

恋人がいてその恋人とメールしてる
そんな自分に酔っていたんだと思います

結局数ヶ月で振られましたww
良き思い出です

今どきの10代はLINEで別れ話をするそうですが
これは私も同意です

別れるんですから
今さら会って話をしたところでですよ

それで関係が修復できるなら
もっと早くから対処できるはずです

別れ話なのですがから
手遅れってことですよね

脱線w

問題は告白をLINEでして交際して
数ヶ月して別れるそうです

それだけ付き合うのが手軽なら
別れるのも手軽ですよねそりゃあ

またLINEがあることで
いつでも手軽にコミュニケーションが取れるようになりました

なので孤独感も感じづらいのですが
やはり会ったときの会話はなくなるそうです

また既読すると返信をしないといけない強迫観念に迫られるので
SNSに振り回されることにも

なので私はインスタグラムもやめましたし
LINEも通知はオフにしました

これがとても快適ですw
SNSを見る時間が減ったことで
他の時間が増えてとても有意義です

通知オフにすると突然のお誘い対応できませんが
そもそも突然のお誘いしてくる人に合わせる必要なんてありません

会いたい人には予約を取って会いたい私です
そして相手にもそれを求めますw

結果的にとても良い人間関係だと個人的には思っています

SNSのせいで逆に窮屈に感じることも多々あると思います

人間関係には適度な距離感が必要なのと同じで
SNSも人間関係の一つ

SNSを適度な距離感を保つことも
人生を有意義にする一つの選択肢だと思います

この本にも同じことが書いてます
現代には多すぎることが弊害になっていることもあるので
自身でコントロールすることも大切です

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)
最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください