ブラック企業は経験しておいて損はない

いわゆるブラック企業というよりは
ブラックな環境での仕事を経験してきましたが

今ではとてもその経験が活きているので
なんだかんだよかったなと感じています

散々メディアではブラック企業に批判が集まり
確かにブラック企業はどうかと思うこともあります

ただ短期間であれば損は無いなと思うのです

私は転職を5回行いましたが
今の会社で長く務めたいな考えています
そしてそういうつもりで転職活動を行いました

転職回数が多いと損
と昔は言われていましたが
その傾向は年々緩和

20代は転職しても比較的すぐ転職できるので
いろいろ経験したいという気持ちと
簡単に決まりやすいので甘えもあり
5回という回数にw

ただ今はいろんな会社や場所で
仕事の経験をしてとてもよかったなと思います

その理由は
転職せずに社歴が長い人は
視野が狭い傾向にある

ということに気付きました

先に断っておきますが
傾向ですw

同じ会社でも
部署異動など環境を変えてきた人は
比較的視野が広いと感じるのですが

そうでない人はやぱり視野が狭いですね

何より一番感じるのは
基準値の違いです

私は人生初の社会人は
ホテルの調理師だったのですが

12時間勤務は当たり前の(休憩なし)
ブラックな環境でしたw

当時は「調理師見習いなんだから修行だ」
ということで残業代なんて出ませんでした

そこで一年耐えた後
やめて転職しましたが

その環境が基準なので
そのあとの職場環境なんて
ヌルゲーみたいなものでしたw

転職した先も世間では
「大変だよ」
なんて言われていましたが

私は調理師のときと比べると非常に楽でしたね

そして現在の仕事は主に頭を使う仕事なのですが
前職の仕事を現在の同僚に話すと

「えーすごい大変そう。友達も大変そうだもん」

と言われるのですが
正直???がいっぱいですw

確かに現在は楽だなーとは感じます

そして今までの経験が活きてるなーとすごく感じます

そんな同僚は10年ほど同じ会社で一途に務めてきました
それはそれで素晴らしいとは思うのですが

視野が狭く対応力に欠け
残業ありきで仕事をしています

まさに私とは正反対の
思考とスキルと視野と姿勢なんですよねw

そりゃゆるい環境で10年過ごせば
他の仕事は大変だと感じるでしょうねw

そして最近
転職して新たに入社した方々と話す機会があるのですが
やはり視野が広く
そして覚悟を決めて行動を起こした方々なので

仕事に対する姿勢も素晴らしい人が多いと感じます

転職した人の前職を話を聞くと
本当にいろんな経験をしてきた人が多く
聞いていて楽しいのです

そして大体がブラック企業体質な環境を経験して転職してる人が多いので
基準値が高いように感じます

そこで導き出した答えは
ブラック企業は短期間であれば
経験しておいて損はないな
ということですw

もう昔のように
一途に勤め上げるのが良いとされた時代は終わりつつあり

海外のように転職することで
スキルアップにつなげていくほうが
自己の成長に繋がるなとより感じました

実際問題
転職してスキルを磨く
もしくは新たなスキルを身に着け
視野を広く持たいないと

変化の激しい時代を生き抜くのは難しいと感じます

ただ一つ気をつけたいのは
ジョブホッパーですね

きちんと現在の仕事をやりきって
次のステップを明確にした上で
転職することが理想でしょうね

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください