断捨離

30歳前後で物欲が以前よりも無くなったのを感じました

若かりし頃は断捨離の意味もよくわかっていなかったのですが
今では断捨離って好きな言葉の1つですw

物はもちろん、考え方や縁も断捨離すると
とても生きやすくなりました

余計なものを捨てることでスペースを作る
そのスペースが出来るからこそ
新たに自分に必要なものや人の出会いがある

という考え方なのですがとても素敵だなと

人間一度手に入れたものを手放すというはどうしても抵抗があるそうです

ですが手放すことでより良いのものが手に入る
と考えることが出来るなら
こんなに気の楽な考え方はないなって

また生活していく上で物が少ないほうが
掃除も楽だなってw

そしてシンプルで整頓された部屋って見ていて気持ちがいいですし
何より余計なことを考える機会が減るので生活しやすいです

部屋の状態は心の状態だと聞いたことがあり
それは一理あるなと思っています

部屋を綺麗に保つことで
考え方もシンプルに
余計な雑念も減り本当に必要なことだけを考えられたり

まさにシンプルライフですw

服も結局買っても着ないものが多かったり
物も使わなかったりで

一年間一度も利用しなかったものはもう捨て時だそうで
仮に使う機会が来たとしても
無くても特に困るものでもないです

無ければ無ければで何かと代用で補えたりw

それだったら「本当にこれは必要で使うのか?」
と考えてから買うほうが余計な出費も減らす事が出来ました

そうなると本当に必要なものしか部屋にはなく
随分と住みやすくなりましたね

人間実はそんなに物がなくてもどうにかなるものだなって

物よりも体験を大事にしていきたいと思っています
まさに現代の消費者の代表的な考えですが
正直精神的にもそのほうが豊かなんですよね(・∀・)b

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください