面接 合否 連絡

転職活動や就職活動をしていて
志望度が高い企業ほど
面接後の合否が気になりました

傾向としては合格の時はやはり連絡が速いです
そして不合格の場合は連絡が遅いです

理由としましては
欲しい人材ほど速やかに連絡をして
他の企業に流れるのを防ぐのが主な理由のようですね

確かに自分が企業の採用側ならば
応募者は複数社受けているかもしれないので
志望度が高いうちに進めたいなって思います

実際に応募する側としても
あまり連絡が遅いと志望度が下がります
私も下がりました

そうなると「次!次を探そう!」
という気持ちになりましたね

ただもう一つのパターンとして
かなり悩んでいるというのもあるようです

本当に選び難く一度不採用通知してしまうと
やっぱりなんてことは出来ないので
とても真剣に悩んでくれいるパターン

実際このパターンも経験しました
結果は不採用でしたが・・・w

あとはシンプルに
複数の応募者がいて
一通り面接してから比較したとき

この場合だと時間がかかります

ですが先程も話した通り
あまり時間がかかると応募者は志望度が下がるので
欲しい人材であれば早めに連絡するかと思われます

まーなんだかんだ書きましたが
企業によっては選考方法や流れが違うので
速いからとか遅いからとかはあまり気にせずに

待っている間に何が出来るか?
を考えるほうが有意義だな
って結局思いましたねw

決定するのは企業のほうなので
面接でやれることを全部やったのであれば
どんな過ごし方をしても結果は一緒なので

ぜひとも一喜一憂せずに有意義に過ごすよう
心がけたいものです

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください