結婚の価値

本当に一昔前に比べて結婚の価値って下がったなと感じます

早くに結婚した人
遅くに結婚した人
結婚してない人
離婚した人
本当にいろんな人から「結婚」について話を聞きました

少し前までは私自身も結婚したいと考えていましたが
時代の流れが大きく影響しているのか

あー結婚するって難しいことなんだなんと思うように

今では「結婚はしたいけど、できなくもいいか」と思ってます

やはり結婚をネガティブにさせる理由として
「結婚してよかったよ」と言う夫婦や
「こんな夫婦になりたいな」と思えるような夫婦が極端に少ないことです

「妻がいるから家に帰りたくない」
と発言する人はどうして結婚したのか?と疑問をやっぱり抱いてしまいます

結局「結婚」というのもを考え抜かなかったのだろうなって
そう思ってしまいます

これから変化の激しくなる時代において
結婚するという選択肢は幸せの代名詞ではなくなるのだろうなって

結婚しても不幸せな夫婦は多いですしね

結婚はしなくてもライフパートナーは欲しいなと
でもライフパートナーですから
一緒に生きていきたいと思えるような人をどうしても探してしまいます
そうなると必然とハードルが上がりますw

依存されるようなら1人で生きる道を選びますw
パートナー選びはそれだけ極端になりました
でも結婚成功者が少ないのなら
それだけハードルを上げるくらいでちょうど良いのでは?
とさえ思えます

かつて結婚した者が勝ち組と呼ばれた時代もあり
私も結婚している人のほうが人格者が多いと思っていました

負け犬の遠吠え (講談社文庫)
負け犬の遠吠え (講談社文庫)

これからは価値観がより多様化するので
結婚=勝ち組という価値観もダサいとなる日が遠くないかもしれません

人格者にはなりたいですが
その人のようになりたいとはやはり思えないのですよねー

本当にいろんな視点から結婚について考えてみましたが
私が思ってることって大きく間違ってないと思います

ぜひともそんな私の考えを論破して希望に変えてほしいものですw

(090)未婚当然時代 (ポプラ新書)
(090)未婚当然時代 (ポプラ新書)

コメント

タイトルとURLをコピーしました