30歳を越えた後の転職が厳しい理由

前回の記事でも少し書いたのですが
≫ ブラック企業は経験しておいて損はない

私は30歳を越えての転職でした

そして2018年現在は
昔に比べて世間の転職者に対する考えも変わり
30歳を越えても全然可能であることも実感しております

ただやはり20代のほうが転職しやすい
というのは感じました

それはどうしてかな?
という素朴な疑問があったのですが

いざ転職して後輩が出来たときに
その答えがわかりました

それは会社側の視点で考えたときに
アタリハズレがあるから

仮に20代の転職者を採用して
外れだったとしても

20代なのでまだ柔軟性もあり
教育方法次第では
修正できる可能性が高いからです

これが30歳を越えていてハズレだった場合
教育での修正が難しい可能性が高い
ということがわかりました

もちろん20代でも難しい人もいれば
30代でも柔軟な人はいます

柔軟だった場合は概ね当たりですけどねw

もし自分が採用担当だった場合
採用に数百万のコストがかかるのなら

そりゃリスクの低い20代を採用したいなと思いますw

ただ30代を採用して当たりだった場合
やはりそこは20代を凌ぐ戦力なるかと

社会人経験が大きな差になりますよね

結局30歳を越えても転職できる人というのは
20代のうちにしっかりと
スキルを磨いてきた人ってことですよね
当たり前ですがw

それは何も資格だけでなく
環境や会社が変わっても通用するスキルを磨いてきたか?

そして未経験だったとしても
本気で習得していく姿勢があるかどうか?

などが問われると思います

結論は
できる人は何歳でも引く手数多w
ってことです


業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください