20~30代向け「求人を紹介しない」キャリア支援サービス【ニューキャリア】

面接に落ちる理由を考えても無駄なので前を向くことを推奨します

面接を落ちる理由を考えても無駄です。過去にも書いていますが改めて。

会社との相性もありますが、どれだけスキルに申し分の無い優秀な人でも落ちるときは落ちます(笑)。なのでいちいち落ち込むのは勿体無いです。

経団連の会長が「雇用でその人の人生を保証できない」というようなニュアンスのコメントをされていました。既に終身雇用は崩壊していてたと思っていたのですが、経団連の会長がコメントしたことで確定しましたね。

ということはこれからは、一生同じ会社で働き続けるほうが難しくなり、転職が当たり前の時代になっていきます。誰もが転職をする時代になると雇用側も姿勢が変わってくるので

スキルを磨いていつでもより良い会社へ転職できるようにする
・面接のマナーやポイントを抑える

というのは必須になってきます。

それでも変わらず落とされることはザラにあると思うのでいちいち落ち込まず、縁が無かったと切り替えて前を向いていくことを推奨します!!そんな人ほどより良い会社に転職できると私は思います

完璧な会社は存在しませんが、それでも全国に会社は約400万社あるので、自分に限りなく最適な良い会社があると思うのです。もし巡り会えれればトントン拍子できっと内定が決まるので、前向いて挑戦していくことをおすすめします!!


就職Shop

コメント

タイトルとURLをコピーしました