外国人が日本で働くこと

幸いなことに私には外国人の友人が出来ました
主に中国人です
中国人の友人が日本語を喋ることが出来るから助かってます

ですがその友人が帰国を考えているとのこと
私はとてもショックと同時に
日本で働くことについて
いろいろと考えさせられました

まず少子化問題で働き手が少ないから
外国人の雇用を増やすという動きがあるものの
それでも外国人が日本で働くことに対してハードルが高いということを
友人は語っていました

あー当然なのかもしれませんが
日本人は日本にいながらにして優遇されているんだろうなーって
でもその当たり前を自覚するのが大変だったりします

実際にいろいろ調べると
そもそも異国の人がその国で働くのは大変なんですね

いくら母国でバリバリ仕事が出来る人でも
言葉の壁が大きく
ネイティブでないと通用しないから
簡単な仕事しか雇ってもらえないそうです。。。

なので給料の低さに相まって
物価の高さと時間の少なさ
を嘆いておりました

日本で生まれ育った私はそれが当然だと思って生きてきたのですが
それが既に怖ろしいことだったりするのかなって
刷り込みかもしれませんしw

まーそれが日本の価値観でもあるのですが

 

あとはやはり就業時間
朝から晩までだから
自分の時間が少ないから余裕がなくなってしまう

中国だともう少し余裕があるとのこと

確かに子育てなんて日本では本当に大変そう
だから少子化になっているのでしょうけどね

とあるママさんのお話ですが
少し協力してもらおうと母に子供預けると
嫌味を言われるなんて体験談んもあるそうで

こういう細かいところが
日本は豊かなのに心が貧しいと言われる所以なのかもしれません

私は海外で暮らしたことがないので
その友人に反論は出来ませんでした

むしろ私が日本を出ること考えたくらいですw

とは言えさすがそこは日本
悪いところばかりでもないようで
出たことないから良さに目がいかなのかもしれませんが

世界レベルで見たときに
何も知らない外国人がいきなり日本に来ても
安心して暮らせる環境が整っています

それこそ成熟した社会環境だからこそ成せるそうで

ただ日本国民は働いた割には
その恩恵の少なさはやはり世界でも驚かれるようで
日本の課題ですね

日本人はお金が少なくても慎ましく生きればそれなりに幸せ
という人が少なくありません

中国人はその考えも理解出来るようですが
やっぱり年に一度は旅行して
月に一度はレストランでプチ贅沢をして息抜きをしたい

と思うようで
その為なら女でも働くと

そういった点は私も中国人に賛成です

結局のところハングリーさかなって

日本人は与えられた中でどうにかする

中国人は足りないなら稼ぐ

という思考の違い

だからこそ中国という国は急激に大きくなっているのでしょうね
高度経済成長期の日本もそういう思考だったのに

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました