転職活動終了!本命企業から内定を頂き、改めて「相性」を感じた話

年末に面接した本命の企業から内定を頂き大変嬉しいです!!
数社内定頂きましたが、面接後に違和感を感じて辞退したこともありました。

腰を据えて納得のいく転職先から、内定を貰えるまでがんばろうと決心した矢先に決まったので、本当に「縁」というのは不思議です。

転職エージェントと話をしたその際の話の内容なのですが、例えば
・A社が志望度が高い
・B社が興味がある程度
の志望度で面接に臨んだ際

A社が面接後に志望度が下がり
B社のほうが志望度が上がった

なんて話はよくあることだそうです。

面接に行ってみないとわからないこともあります。そして本来面接とはお互いを知る場所だと思うので、そうあるべきだとも思います。

もし初期段階で印象の良いまま内定をもらったら、それはそれで良いと思います(笑)印象が良いまま内定をもらえたとなると、自分と企業との相性が良いのかもしれません。

今回内定を頂いた会社に私自身も相性の良さを感じました。もちろん実際のところは働いてみないとわからないのですけどね。

恋愛と同じでお互い相性が良いと感じると、お付き合いするようになるように、転職にもそういう面があるということを、今回の転職活動で勉強になりました。

そういった意味でも「フィーリング」や「相性」って恋愛然り、転職にも大切なのかもしれません。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください