幸せになる勇気

いきなり結論から
とても良い「良本」です(・∀・)b

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

人によっては難しいと感じるかもしれませんが
私にとってはちょうど良かったです

承認欲求、自立、教育、愛、結婚、人間関係

これらの「本質」が語られておりました
そして私もアドラーの言葉には納得し
「確かに!!」と目から鱗でした

特に現代とこれからの時代を生きていく上で
とても大切な考え方だなと

それと同時に
世の中の人はどれだけ表面しか物事を見ていないのか
という感想も抱きました

もっと本質を見定めて生きていきたいです

気になったのは青年との会話形式

ノイジーマイノリティの代表枠かな?
と思って読んでいましたが
途中ちょっと煩わしさを感じましたw

なので青年を飛ばして哲人だけ読むこともww

まーこの青年が世の読者の声を代表しており
それで読みやすくなっているのなら必要だとは思うですが

私には不要でしたねw

ただ本当に稀に見る良本だったので
ぜひともたくさんの人に読んでもらいたいです

もちろん「嫌われる勇気」を読んだ上で

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

でもきっと大半の人は読まないだろうし
読んでも行動しないのだろうなとは思います

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください